ニッピコラーゲンを何で溶かす?

『ニッピコラーゲン100』の付属冊子には、「熱に強く、冷たいものにもサッと溶け」ると書いてあったのですが、本当にどんな飲み物・食べ物にでも溶けるのでしょうか?長く飲み続けることを考えたら、ぜひとも知っておきたいことですよね。

ということで、冷たい飲み物・温かい飲み物・食べ物と、色々試してみました!量が違えば溶け方も違うと思うので、飲み物とコラーゲンの量は同じにしました。飲み物はマグカップ1杯分(約250ml)で、ニッピコラーゲン100は専用スプーンすりきり1杯(約5g)。

さて、どんな飲み物・食べ物と相性がいいのでしょうか?

まずは冊子にも書いてあった牛乳。
カルシウムとコラーゲンは相性がいいそうなので、それなら試してみない手はないですよね!とノリノリで牛乳にニッピコラーゲンを混ぜてみると・・・・・これが、なかなか溶けない!ぐるぐるぐるぐるかき混ぜてみても、牛乳の表面にダマになって残ってしまいました。

同じく、冊子にあったオレンジジュースでもチャレンジ。
ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせない成分なのだとか!・・・・ですが、やっぱり冷たい飲み物とニッピコラーゲン100は相性がよくないのか?なかなか溶けてくれません。うーん、飲み物の量に対して、コラーゲン粉末の量が多すぎるのかも?でもこれ以上飲み物の量を増やすのは現実的でないような・・・・。
あと、ウーロン茶や麦茶でも試してみましたが、味の相性がよくありませんでした。もうちょっと味の濃い飲み物の方が相性はいいみたいです。

冷たい飲み物に見切りをつけて、温かい飲み物へとシフトチェンジ。
コーヒーと紅茶で試してみましたが、どちらも牛乳やオレンジジュースとは比べ物にならないくらいに素早く溶けました。コラーゲンの味も気にならないし、ベストの相性ですね。

同じく“温かい”つながりで、お味噌汁にも入れてみました。こちらもすっと溶けて、味が気にならないからおススメです。

反対におススメできないのが、ヨーグルトやとろみのついたスープ。なんとな~く、舌にざらつくような感じがありましたから。とろみのついたスープやシチューやカレーに入れる時は、片栗粉やルーを入れるまえにニッピコラーゲン100を入れるとザラつきが気にならなくなるようです。

続けやすさやお手軽度から考えると、コーヒーや紅茶に入れるのがベストかもしれませんね。コーヒー紅茶を飲む習慣のある方は、ニッピコラーゲン100でコラーゲン生活を始めてみてはいかがでしょうか?いつもの1杯を飲む“ついで”にコラーゲンの栄養が摂取できるから、日常生活に取り入れやすくて続けやすいですよ。


このページの先頭へ