コラーゲンの豆知識

コラーゲン=美容対策というイメージが最近は定着してきていますが、私達に必要な成分です。コラーゲンはハリツヤでいえば、表面の部分、さらに表面だけなく内側の部分にも働きかけてくれます。意外とも思えるかもしれませんが、全タンパク質の約30%を占めるほどの成分なのです。

しかし、コラーゲンは人体以外にも私たちの生活にも広く利用されているのをご存知でしょうか?たとえば、ゼラチン、これの原料はコラーゲンです。ほかにもフィルム。このフィルムもコラーゲンが使われています。富士フィルムがコラーゲンの美容製品を発売しているのもフィルムで培ったコラーゲン研究が人体にうまくつかわれているからなんですね。

コラーゲンの生成には酸素が必須で、酸素が少なかった大昔は細胞同士をくっつける働きのあるコラーゲンを生成できる生物がおらず単細胞動物しかいませんでした。しかし、酸素が増えていくとコラーゲンで細胞同士をくっつけることが可能になり、植物や生物のバリエーションは大幅に増えました。

コラーゲンが不足するとやはりハリツヤと同様に内側などにも悪影響を及ぼすので、やはり定期的にコラーゲンを補給できる状態は望ましいのではないかと考えています。コラーゲンに関しては働きかけがあるかないかという議論が続いていますが、今のところは調子がいい人は飲み続けたらいいかなと思っています。


このページの先頭へ